秋野暢子(女優)映画「片翼だけの天使」での貴重なお宝ヌード濡れ場セックスシーン映像

画像

秋野 暢子(あきの ようこ、1957年1月18日)は、日本の女優、タレントである。映画「片翼だけの天使」での貴重なお宝ヌード濡れ場セックスシーン映像
 生島治郎の同名小説をもとに、田村孟が脚色し舛田利雄が監督した。音楽は三枝成章。秋野暢子が韓国籍の風俗嬢を熱演し、キネマ旬報賞主演女優賞を受賞した。  四十六歳の推理作家、越路玄一郎。離婚して独り身の彼は、友人のカメラマン白井完介に連れられソープランドへ行き、そこで岡野景子というソープ嬢と出会った。韓国生まれの彼女は六年前に日本人と結婚し日本にやってきたのだという。景子は玄一郎に一目惚れしたと言い、玄一郎も景子のことが忘れられなくなっていた。数日後に店を訪れたとき、景子は夫と離婚して玄一郎と一緒になりたいと言い出し、玄一郎を狼狽させる。やがて景子からの電話を受けた玄一郎は、彼女の夫の忠司に忠告されたこともあり、もう会わない方が良いと告げるのだった。

秋野暢子 映画「片翼だけの天使」での貴重なお宝ヌード濡れ場セックスシーン映像

コメントをどうぞ